除湿機ドレンホースの接続方法

水の流れの決定

除湿機と排水システムの設定

ホース延長

トピック

除湿器は空気中の余分な水分を除去するのに便利ですが、システムの排水を気にすることは面倒です。しかし、排水ホースをシステムに接続することによって、除湿器の水溜めを排水しなければならないという面倒をなくすことができます。

警告:適切な除湿器の配置については、すべての製造元の指示に従ってください。最良の結果を得るためには、すべてのドアを除湿している部屋に閉じたままにしておきます。

ほとんどの場合、コンクリートブロックのようなペデスタルに除湿機を設置することができます。床の排水口や流し台に十分近いので、排水口に重力が流れやすくなります。

ただし、凝縮液ホースを直接運転する排水管がない場合は、凝縮液ポンプをフローラインに追加する必要があります。

いずれの場合も、除湿機の水車のホースコネクタを見つけます。次に、コネクタのネジ山をテフロンテープで包みます。ホースを糸に締めると、テープがテープに沈むように、時計回りの方向に巻き付けます。

空気の排出が妨げられていないことを確認してください。ユニットの上部に気流がある場合は、壁の近くに設置できます。それ以外の場合は、製造元の警告および仕様に従って配置する必要があります。また、電気コードやコンセントの近くに水が供給されないことも重要です。

重力の流れを実現するために、除湿器の排水口を盛り上がった面に設置する必要があります。これは標高を完璧にするのには数回かかるかもしれません。しかし、これを達成するために重要なのは、または水が回収バケツに戻って流れ込むことです。

除湿器の上に小さなレベルを置き、調節可能な足を使用して、ユニットが水平であることを確認します。エレベーションが正しいとき、水はホースから自由に流れます。

ホースを延長する必要がある場合は、ドレインラインに凝縮液ポンプも追加する必要があります。セットアップは、上で説明したものとほぼ同じです。ホースの反対側の端をポンプに接続し、ポンプの出口に別のホースを接続するだけです。

次に、第1のホースと同じ方法で第2のホースをテフロンテープを糸の周りに時計回りの方向に巻き付ける。ポンプ出口ホースを除湿器ドレーンに流してください。

あなたの除湿器に排水ホースを追加することは面倒を少なくしますが、日常のメンテナンスを容易にし、冷たい空気を増やすために、窓の空調ユニットで交換することを検討してください。