薪を切る方法

ステップ1 – 適切な注意を払う

ステップ2 – 正しいTCT円形の鋸刃を選択する

ステップ3 – 切断のために消火板を準備する

ステップ4 – 防火板の切断

消火器は建物を建設するために使用される耐火パネルです。これらのボードには、多くのタイプとグレードがあり、さまざまなレベルの安全性があります。タイプによっては、60分間火災に耐えるものもあれば、240分間火災に耐えるものもあります。それらはファイバーと化学物質の混合物から作られ、火災を起こさない炭酸カルシウムのような化学物質が建物の安全に加えられます。あなたの家や職場に消火板を合わせたい場合は、それを収めるためにそれらをどのように切断するかを知る必要があります。下の手順に従って、あなたのボードを正確に切断してください。

鋸を取り扱う際は十分注意してください。切断を開始する前に、取扱説明書をよくお読みください。また、鋸のハンドルにしっかりとしっかりと握っていること、そして安定した作業台の上に火格子板を置いたことを確認してください。

それはテーブルから突き出て人を傷つける可能性があるので、作業台に固定せずに決して火格子板を切断しないでください。作業中は手袋や安全ゴーグルを着用してください。ゆるい枝はあなたを傷つけず、作業場が乾燥していることを確認してください。

円形ブレードは多くのゲージにあります。滑らかで鋭い切り傷を確実にするものを選んでください。ほとんどの消火器は荒削りには適していないため、鋭利な切断ディスクが必要です。営業担当者に連絡し、要件について話し合ってください。あなたが鋸を持っているときは、次のステップに進んでください。

マーキングツールを使用してガイドを作成し、どこを切断するかを正確に把握します。ボードをG-クランプでクランプして作業台に固定し、作業台が安定していることを確認します。さらに、照明がよく換気された場所で作業すると便利です。前者は視界を改善し、後者は肺を塵から守ります。ボードを準備したら、次のステップはそれをカットすることです。

あなたのハンドヘルドソーをしっかりと握って、それをオンにしてボードを垂直に近づけます。ゆっくりと、ソーをボードに押し込み、以前にマークされたガイドにブレードを移動させます。ブレードが作業台に達すると、あまりにも強く押し込まないでください。そうしないと、損傷する可能性があります。その後、切断された場所でボードを引き離し、2つの部分を分離します。あなたはより細かいカットには非常に鋭い高品質の針を使うことができますが、強力な電気を使うことをお勧めします。

長いピースの場合は、ハンドヘルド電気鋸の代わりにテーブルソーを使用すると便利です。テーブルは、切削のための支持面を提供するという追加の利点を提供するだけでなく、作業の精度と安定性を向上させます。