竹の床にバブルを固定する方法

竹の床は堅い木の床のためのecofriendly代理人と考えられる。それは平らな竹でできており、アジア諸国で栽培されている草の一種です。それは一般的なフローリングタイプになっているので、タフで耐久性があります。

その問題のために竹の床または他の木製の床に表面の泡が2つの大きな理由があります。第1の理由は、ポリウレタン仕上げワニス(光沢仕上げを与えるもの)が間違って適用され、泡が残ることである。これは、竹の床の泡の第2の原因と比較して対処するのが比較的容易である。竹の床の泡の第2の主な原因は、床下のコンクリートが水分調節のために処理されず、水平になっていないことである。また、設置前にフローリングを順応させることも重要です。

ステップ1 – 気泡形成の原因の評価

ラミネート気泡を扱うのは簡単です。このためには、小さなグリットサンドペーパーでそのエリアを砂にする必要があります。または、サンディングマシンを使用することもできます。すべてのポリウレタンワニスを砂で拭き、フロア自体にダメージを与えないようにします。

ステップ2 – 行動を取る:ワニスの泡を扱う

泡がはがされた後、ワニスを清潔できちんとした仕上がりに再塗布してください。床の大部分を砂のように仕上げる必要があるかもしれません。

ステップ3 – ラミネートコーティングの再塗布

ほとんどの場合、床の泡はコンクリートからの水分の上昇に起因します。これは、床に大きな腫脹した泡を後に残し、しばしば床の中で変色および真菌の成長が続く。すぐに処理されない場合は、床全体をやり直す必要があります。

ステップ4 – 水分による泡

したがって、わずかな変色で大きな泡を見つけたらすぐに、その領域の床を取り除かなければなりません。

ステップ5 – 影響を受けるフローリングの取り外し

フローリングを取り外したら、床の含水率を測定し、室内の温度を確認してください。床の湿気が明白な原因がある場合は、まずそれに対処する必要があります。

ステップ6 – 部屋の水分含有量および温度条件を測定する

ステップ7 – コンクリートを処理し、水分の原因を扱う

従来のウッドフロアの用途では、コンクリートは前処理されています:研磨され、平らにされ、その上に設置される床を保護するために湿気遮断が施される。しかし、時にはまだ漏れがあります。水分の問題がその特定の領域にのみある場合は、その領域にコンクリートの水分バリアを再度適用することができます。しかし、コンクリート中に水分が全体的に上昇している場合は、床全体を除去してコンクリートを後退させる必要があります。そうしないと、新しい竹床が無駄になります。

ワニスの泡は前述のように簡単に除去できますが、湿気はほとんどの木製フローリングで大きな懸念の原因です。したがって、竹フローリングを設置する前に、下にあるコンクリートを処理する時間を取ってください。落ちるモップで竹の床を清掃しないでください。

ステップ8 – Bamboo Flooringを設置する際の注意事項