独自のカスタムドックを設計する方法

ステップ1 – あなたの予算を把握する

ステップ2 – 時間

ステップ3 – 場所

ステップ4 – マテリアル

ステップ5 – ドッキングプラン

独自のカスタムドックを構築する場合は、まず設計計画を立てる必要があります。重要な決定を下す前に、正確な測定値とアイデアを準備しておくことが重要です。独自のカスタムドックを構築することは疲れているかもしれませんが、非常にお得です。以下は、カスタムドックの正確なデザインを得るためのヒントと手順です。

あなたの予算が何であるかを正確に知ることは、あなたのドック上のデザインを決定する第一歩になります。あなたが購入できる木材や材料の量によって、あなたのためにいくつかの決定を下すのに役立ちます。

あなたはこれに費やす時間はどれくらいですか?あなたが費やす時間と、それがかかる時間の長さを考えてみましょう。このプロジェクトがどれくらいの期間受け入れることができるかの要因。このドックを建てる前に一定の時間枠がある場合は、このドックがどれくらいの時間あなたを連れていくかを覚えておく必要があります。

ドックにはセットする場所が必要です。あなたが決断を下す前にあなたの場所のファクタ。スペースを測定して、どのタイプのドックデザインがあなたの場所で動作するかを把握してください。ドックの長さと幅は、あなたの場所が許す範囲で決定されるべきです。

あなた自身で作るためのいくつかの種類のドックがあります。あなたは木製のドック、またはスチールドックが欲しいですか?あなたの予算と場所には何が許されますか?スチールドックはもう少しあなたを実行することがありますが、それは間違いなく木製のドックよりも長く続くでしょう。

厳しい気象条件がある場所に住んでいる場合は、スチールドックを真剣に検討したいことがあります。木製のドックは頑丈ですが、荒れた嵐の中で簡単に破壊されることがあります。長い目で見れば、スチールドックは間違いなく1回しか建設しないので、お金を節約できます。

あなたの計画がこのドックのために何であるかを明らかにするこれはあなたがそれのために必要としているデザインのタイプを決定するのに役立ちます。あなたは固定されているドックか浮いているドックを持っていますか?フロートしたいものが必要な場合は、それが使用されていないか監視されているときにそれを結ぶことができる領域があることを確認する必要があります。フローティングドックは、天気の悪い地域ではより効果的です。洪水や非常に強い風があなたの港を素早く奪うことができます。

まさにあなたのドックを使いたいと思っています。時折、あなたのドックでリラックスするために外出する予定の場合は、おそらく屋根が良いアイデアになるでしょう。