水軟化剤樹脂の浄化方法

ステップ1 – 樹脂クリーナーの選択

ステップ2 – 樹脂クリーナーをシステムに供給する

ステップ3 – システムを再生モードに設定する

ステップ4 – 再生プロセスを繰り返す

ステップ5 – システムを通常の設定に戻す

ステップ6 – 水を洗い流す

ステップ7 – プロセスを繰り返すタイミングを知る

トピック

水軟化システムの効率を維持するには、樹脂を定期的に清掃する必要があります。軟化剤の樹脂は、カルシウム、マグネシウム、鉄などの微量ミネラルを引きつけ、水を「硬くします。」これらのミネラルを取り除くには、適切な樹脂クリーナーを探してこのガイドに従ってください。

ミネラルをナトリウムイオンで置き換えるには、市販の樹脂クリーナーを水軟化システムに追加する必要があります。樹脂クリーナーを選ぶときは、鉱物の堆積を特異的に除去するように設計されていることを確認してください。

樹脂クリーナーの中には、鉄のような特定の要素を対象とするものもあります。あなたの樹脂ビーズが特定の要素を多すぎることがわかっている場合、あなたのニーズに特化したこれらのクリーナーの1つを購入することを検討してください。

クリーナーを選択したら、水を使用する必要がない時を選択し、以下の手順を実行します。

梱包の指示に従って、推奨量の樹脂クリーナーを軟化剤システムのブラインタンクに注ぎます。ブラインタンクがない場合は、塩分が少ない状態で塩溜めに給水してください。

コントロールバルブで回生制御つまみを見つけ、マイナスドライバーで反時計回りに回します。これにより、装置は「再生モード」に設定され、システムは樹脂床を手動で再生または再充電させます;システムがこのモードにあるとき、水の流れを逆にしてシステム内のゴミや汚れを取り除きます。次いで、ナトリウムイオンが豊富な溶液をミネラルタンクに放出し、樹脂ビーズを洗浄する。

ブラインタンクに推奨量の樹脂クリーナーを補充し、手動再生プロセスを再実行して不要なミネラルをより多く除去します。樹脂床が鉄またはカルシウムで大量に充填されている場合は、このプロセスを3回実行します。

コントロールパネルの再生制御ノブにアクセスし、時計回りに回してシステムを通常の設定に戻します。

次に、コントロールパネルを閉じて、水軟化システムに接続されている最も近い蛇口を見つけます。タップを約10分間動かして、システムからクリーナーを完全に洗い流します。

システムを効率的に機能させるために、このプロセスを必要なだけ頻繁に繰り返す必要があります。水をより頻繁に使用する必要がある暑い夏の日には、再生プロセスを少なくとも週に1回繰り返す必要があります。しかし、より少ない水を使用する月には、1か月に1回しかプロセスを繰り返す必要はありません。軟化剤が樹脂を失っていることが判明した場合は、新しい樹脂スクリーンを取り付ける必要があります。