木製の筋膜板を掛ける方法

家屋が完全にフレーム化された後、外板トリムの一部として、手板の端部、すなわち「尾部」に面板が取り付けられます。筋膜板、下面材、フリーズボード、金型、および垂木は、木枠の家の軒を形成するアセンブリのすべての構成要素です。筋膜が真っ直ぐになるようにするために使用されるいくつかの手法がありますが、ウッド筋膜は簡単に取り付けることができます。マスターカーペンターのように木製の筋膜を設置するために必要な材料を集め、これらの簡単な手順に従ってください。

最初のステップは、垂木のテールの端が同じ平面に整列していることを確認することです。庇の一端の垂木の鉛(垂直)カットの上端に途中で釘を打つ。チョークラインを釘の上に引っ掛け、反対側の端にある垂木の尾まで伸ばして、それを鉛直カットと整列させ、ラインをはめます。丸い鋸を使って、この線を越えて突出しているあらゆる尾翼を切り取ってください。終わりの垂木で同じ釘と反対側の終わりの垂木で同じ場所に置かれた別の釘に紐をつなぐ。これは、垂木の尾が飛行機の手前にある場所を示します。

ステップ1 – 不均一な後尾テールをトリムする

外側の壁面に2×4の釘付けフラットを取り付け、下端が垂木の水平刃と水平になるようにします。釘打ち機からストリング・ラインまで水平に測定し、各垂木の尾部のための「ルック・アウト」ブロックを切断する。それぞれのブロックを垂木の尾部に対して平らにし、釘打機に垂直に取り付けます。見取り図ブロックは、下面と筋膜の両方の構造フレームとして使用されます。ルックアウトブロックの上隅が屋根面を貫通する場合は、面取りする必要があります。筋膜は見張りブロックの突き合わせ端に釘打ちされるので、垂木が短くなるところには何も弓を付けてはいけません。

ステップ2 – ルックアウトブロックをインストールする

丸いこぎりを斜め45度に調整して斜めカットします。各端部で連結された筋膜板は、突き合わせ接合部よりも強い接合部を提供し、見苦しい間隙をよりよく隠す。測定用の四角形を使用して、それぞれのカットが四角形であることを確認してから、すべてのジョイントがルックアウトブロックに入るように各筋膜ボードを適切な長さに測定してカットします。

ステップ3 – カットボードをカットする

次に、庇にボードを取り付けます。筋膜の上端を鉛直カットの上端でも作って、亜鉛メッキ仕上げの釘ですべての見張りブロックの突き合わせ端に釘付けます。垂木の尾部に高さが不揃いである場合は、フェイシアボードにサイドベンド(「詐欺」または「クラウン」とも呼ばれます)が取り付けられます。必要に応じて、自分でまたは助けを借りて、ボードの自由端に曲がって、それぞれのブロックに釘付けます。筋膜が庇の全体に沿ってまっすぐであることを確認するために、各ボードを取り付ける際に、筋膜の上端に沿って視界を確保します。

ステップ4 – Fasciaボードをインストールする