日常のツールをパワードリル用のビットに変換する方法

ドライバーの変換

ステップ1 – ハンドルを取り外す

ステップ2 – ビットをテストする

六角レンチの変換

ステップ1 – 六角レンチをつかみます

ステップ2 – あなたのカットを作る

ステップ3 – ビットをテストする

毎日のツールを使用して創造的になることで、パワードリルのための追加のドリルビットオプションが得られます。これは、あなたのツールを見て、代わりの用途を見つけることによって行うことができます。パワードリルは通常、さまざまなドリルビットが付いていますが、一部のジョブでは、含まれているビットが適切でない場合があります。古いモデルのドリルは、新しいモデルと同じドリルビットを持つことはできません。日常のツールをドリルビットに変換することで、新旧両方のパワードリルで実行できるさまざまなタスクを追加できます。

以下は、毎日のツールをドリルビットに変換する2つの異なる方法です。最初の方法は、ドライバーを変換する方法、もう1つは六角レンチを変換する方法です。

ねじの取り付けをより迅速かつ容易にするために、一般的にねじ回しドリルビットが使用されています。スクリュードライバーには、多くの種類、長さ、サイズがあります。より新しいモデルのパワードリルに含まれるドリルビットは、いくつかの種類とサイズになる場合がありますが、独自のものを作成することにより、さらに多くのオプションを追加できます。

ドライバーハンドルの取り外しには2つの方法があります。いくつかの操作でハンドルが滑り落ちるか、またはドライバーをバイスにしっかりと置き、ペンチを使ってハンドルを引き抜くことができます。この方法は、より良いリーチを得るために長いビットを使用する場合に理想的です。

最も簡単な方法は、ボルトカッターを使用してハンドルを切ることです。あなたの切れ目が均等に行われて、新しいビットが平らな面を持ち、動力ドリルのチャックに挿入されるようにすることが重要です。

ドリルの先端にドリルビットを差し込み、所定の位置に固定します。ドリルをオンにして、使用中にその位置にとどまることをテストし、目的の機能を実行します

六角レンチは、机やドレッサーなどの箱入りの家具をまとめるのに最も頻繁に使用されます。手でこのレンチを使用することは困難で、遅くなることがあります。六角レンチをドリルビットに変換することで、時間を節約し、作業を簡単にすることができます。

あなたが必要とする唯一のツールは、アレンレンチ、ペンチとボルトカッターのペアです。以下は、ドリルビットを作成する手順です。

アレンのレンチは “L”の形をしています。 “L”の底部を1本のプライヤーでしっかりとつかみます。

あなたのボルトカッターを使用して、 “L”の底を取り除くために、 “L”の長辺の底にレンチを切ります。あなたのパワードリルのチャックに挿入するための平らで平らな面を作る均一なカットを作ることを確認してください。

六角レンチのドリルビットをドリルの鼻に差し込み、所定の位置に固定します。ドリルをオンにして、使用中にその位置にとどまり、有効に機能することをテストします。