斧の彫刻方法

斧の装飾には、軸や斧頭の塗装が含まれている場合があります。また、いくつかの彫刻方法のいずれかを使用すると、より永続的な痕跡を追加することができます。切手の使用以外に、金属製の彫刻は通常、アマチュアでは行われません。装飾的な縁取りや特注の彫刻の場合、レーザー彫刻機や回転彫刻機を雇うことが最善の解決策です。チゼルとスタンピングはより手頃な方法ですが、そのようなシンプルなツールを使用して最高の彫刻家だけが詳細な彫刻を作成することができます。

アックスヘッドは3つの異なる方法で彫刻されています。レーザー彫刻は最新の方法であり、他のほとんどの方法よりも詳細に複数の深さと角度でプロの彫刻を作成する能力があります。ロータリー彫刻では通常、旋盤やルーターを使用します。旋盤を使用することは大きなマーキングに適しており、ルータは小さな装飾や細かい細部に使用されます。最終的な方法は、チゼルまたは切手の使用であり、最も経験豊富な彫刻家を除き、すべての人によって行われたときに最低の詳細量を提供します。

アックスヘッドの彫刻方法

装飾的な投げ斧は、しばしば独特な外観を与えるためにスクロールワークで刻まれています。このタイプの彫刻は、かつてはチゼルで職人によって行われましたが、レーザーは手の彫刻に取って代わられ、はるかに詳細に行うことができます。さらに、レーザー彫刻は高速です。これは、レーザーにパターンをプログラミングし、軸心をしっかりと取り付け、コンピュータが実際の彫刻を実行できるようにすることによって機能します。斧ヘッドのレーザー彫刻は、安全で正確で迅速に行うことができるため、最も一般的に使用される方法になりつつあります。

レーザー彫刻

プロの彫刻家は、回転彫刻を使ってバトル・アックスに家族の紋章や他のデザインを置くことができます。いくつかの彫刻家は依然として手作業で作業することを好むが、多くの彫刻家はコンピュータ化され、コンピュータを使用してレーザー彫刻と同様の方法で作業を行う。この方法は複雑なディテールを生成することができますが、最良の彫刻機ですら満足のいく結果を得るには時間がかかり、配線ツールに習熟していない人にとってはほとんど不可能です。

ロータリー彫刻

ハンマーと様々なチゼルと切手を使用することは、斧ヘッドを彫刻する最も古い方法です。スタンプの場合、パターンはすでにスタンプに彫刻されており、スタンプを強く打って斧ヘッドの金属に押し込むことによって斧ヘッドに移されます。彫刻チゼルは、多くのスタイル、ヘッドサイズ、カットタイプがあり、シンプルデザインと複雑なデザインの両方に使用できます。しかし、プロの彫刻家を雇う最も良い理由の1つである金属彫刻では、間違いを修正するのは難しいです。

チゼルと切手

金属製の彫刻を自分で試みなければならない場合は、必ずレザーグローブと安全眼鏡を着用してください。小さな金属の薄片は非常に鋭く、非常に簡単に肌に埋め込むことができます。裂けを減らすために、斧ヘッドを加熱し、軽いオイルでそれを覆う。彫刻工程では、機械油をしばしば使用して成形を促進し、時にはカッピング(cupping)と呼ばれるチッピングを低減させる。

金属彫刻の安全