プランジルータで形状を複製する方法

プランジルーターは本質的に木工に使用され、家やオフィスの内部で使用できる木片を切り取ったりデザインしたり手作りしたりするのに主に使用されます。プランジルーターが他のルーターと比較して持つ主な利点の1つは、ポータブルであり、使用時に平らな面に固定する必要がないことです。したがって、これにより、さまざまな形状を適切なツールと材料で手元に複製することが比較的簡単になります。詳細な手順に従って、プランジルータを使用してシェイプを複製する方法を学習します。

あなた自身の安全と保護のために、この活動を行う際に少数のアイテムを手元に保管することが不可欠です。ゴム製の手袋と眼鏡を着用していることを確認してください。これは、ルータの稼働中に目や肌に損傷を与えないように保護します。また、プランジルーターの安全マニュアルを読んでから使用することをお勧めします。これには、ルータを使用する際に留意しなければならないすべての種類の警告と指示が含まれます。

ステップ1 – 安全および注意事項

今、活動の焦点部分に向かって来て、木製の片またはその形状がコピーされるテンプレートは、木製のスラブ上にトレースされなければならない。テンプレートを木製のスラブ上に置き、ペンまたはマーカーを使用してその形状をトレースします。木製スラブ上で行われるべき痕跡の数は、必要とされる重複の数に依存する。

ステップ2 – テンプレートスラブを木製スラブ上にトレースする

テンプレートのトレースが木製のスラブ上で完了すると、次のステップは、木を切り抜くために使用されるルータビットのタイプを確認することです。市場では多種多様なルータビットが利用可能ですが、この目的のために、フラッシュトリムビットが有効であることがわかります。レンチを使用してこのルータのビットを取り付け、内部をしっかりと固定します。完了したら、内部に置かれる木製のスラブの深さに応じてルータの深さを調整します。

ステップ3 – ルータビットを挿入する

ルータは非常に高速で動作するため、クランプを使用して平らな面に木製のスラブを固定することが不可欠です。ひとたびクランプされると、所望の形状を容易に切り取ることができる。次のステップは、切断される木製スラブの深さに応じて設定するルータの深さを調整することです。

ステップ4 – 木材をクランプして深さを調整する

テンプレートを複製するためのすべての手順が既に行われているので、ルータが最終的に木製のスラブを切断するときです。ルータを接続し、両方のハンドルから持ちます。慎重に、木製のスラブで行われたトレースを彫り始めます。プランジボタンを押し続けると、ルータの速度を大幅に制御できます。トレース全体にルータを実行すると、まもなくまもなくテンプレートの正確な複製が作成されます。

ステップ5 – 操作プランジルータの起動