フランスのドアにローマンシェードを掛ける方法

ローマの色合いは、フレンチドアのガラスパネルで区切られた部屋にプライバシーと魅力をもたらします。それぞれのドアフレームの内側にローマンシェードを掛けて、ドアを開閉する動作を妨げないようにしてください。フランス語のドアにカスタムメイドのローマンシェードを掛けるには、以下のガイドラインに従ってください。

テープメジャーを使用して、フレンチドアウィンドウの長さと幅を決定します。ドアのどちら側にローマン・シェードを掛けるかを決めます。プライバシーを必要とする部屋の内側を向いている側にそれらを置く。フレンチドアシェード吊り金具の上端の幅をウインドウパネルの中央に合わせます。吊り下げキットのトップレールアセンブリを各ドアまで持ち上げ、吊り下げたい場所の鉛筆の輪郭を描きます。

ステップ1:フレンチドアの窓を測定する

ベルクロストリップの各セットのループストリップの粘着面から保護バッキングを引き出し、ドアごとにトップレールアセンブリの前面に貼り付けます。トップレール。できるだけループストリップをトップレールの端に揃えてしっかりと押します。

ステップ2:ループベルクロストリップをトップレールアセンブリに貼り付ける

パワードリルを使用して、トップレールアセンブリのネジ穴から慎重にドアに浅い穴を開けます。ドアの突き刺しは避けてください。凸型のねじを使用して、上部レールアセンブリを各ドアに取り付けます。

ステップ3:各トップレールアセンブリをドアに取り付ける

ローマンシェードごとにコードを完全に引き出し、シェードが平らになるようにします。ドアの近くの椅子に日よけを置きます。シェードの裏が上になるようにシェードを回します。マジックテープのフック側をコード端の上のシェードトップの背面に貼り付け、波紋やエアギャップのないようにしっかりと押してください。各コードを持ち上げ、上部のレールの対応するコードアイレットに通します。コードがドアハンドルから離れたシェードの側面から垂れ下がるようにします。左側のシェードのコードは左側に、右側のシェードのコードは右側に掛けてください。

ステップ4:トップレールのアイレットにシェードコードを通す

ベルクロストリップのフックとループの部分をシェードとトップレールに合わせ、フレンチドアの両側にぴったりと押し込みます。

ステップ5:シェードのベルクロストリップをトップレールアセンブリに押し込みます

シェードの上下を数回引き出して、すべてのコンポーネントがしっかりと取り付けられ、正しく機能することをテストします。トップレールまたはシェード自体を調整して、不均一な引っ張りまたは束ねの問題を修正します。ハンドシェイカーを使用して各シェードの長さをスチームし、スティフネスを減らし、スムーズに折り畳むのを助けます。

ステップ6:フレンチドアシェードの操作をテストする