フラッシュヒンジの緩いネジ穴の修正方法

キャビネットヒンジ、またはフラッシュヒンジは、ライトドアでよく使用されます。不適切なアライメントや緩いドアなどの問題に直面している場合は、ヒンジを調べるときです。損傷の程度に応じて、交換または修理が必要な場合があります。これは自分でできる仕事です。あなたのやり方は次のとおりです。

ヒンジを確認し、問題のある領域を特定します。ゆっくりとねじを外す必要があります。

ステップ1 – はじめに

ヒンジが良好な状態にある場合は、添付ファイルを修理するだけです。

ステップ2 – 損害の確定

ヒンジを所定の位置に戻し、ネジを締めます。ドアまたは面の位置合わせが正しいかどうかを確認してください。

ステップ3 – ヒンジを置く

ヒンジが曲がっているか壊れている場合は、ヒンジ全体を交換する必要があります。問題を解決するには、以下の手順に従ってください。

ステップ4 – 極端な損傷

ドライバーの助けを借りて、ネジの既存のフラッシュヒンジを外す。この時点で、外側に向いている面に注意するためにヒンジを観察してください。

ステップ5 – 古いヒンジを交換する

古いヒンジを取り出した後、ヒンジの正確なサイズを見つけるために面積を測定します。あなたは新しいものを買う間に古いヒンジを取ることもできます。フラッシュヒンジは、あらゆるハードウェア店で広く利用できます。

ステップ6 – 新しいヒンジを購入する

ステップ7 – クイックインストール

ほとんどの場合、新しいフラッシュヒンジは古い位置にぴったりと収まります。それを表面にねじ込むだけです。既存のホールはトリックを行い、新しいホールをドリルする必要はありません。これであなたの仕事は完了します。

ヒンジを元のスペースに置き、穴を確認します。ヒンジの穴が表面のネジと一直線に並ばない場合は、作業を続行する前に修正してください。

家庭用接着剤のボトルにダウエルを浸します。ダウエルの直径またはサイズは、穴と同じでなければならない。今度は穴にダウエルを置きます。接着剤を乾燥させるために一晩設定しましょう。

あなたが滑らかな表面を得るまで、それを夜間それを残した後、ベースの木と砂を切ってください。

ヒンジを置くだけでネジを穿孔しなければならない箇所に印を付けます。爪を使ってその場で挿入してください。これにより、掘削の開始点が得られます。

ステップ8 – 異なる穴

ステップ9 – ダウエルを使用する

ステップ10 – ベースウッドをカットする

必要なすべてのスポットに穴を開ける。測定は新しいネジの直径の半分にする必要があります。新しいヒンジを取り付けます。

ステップ11 – 掘削

ステップ12 – ヒンジを取り付ける