ドライアイスマシンで煙を作り出す方法

ステップ1 – スペースの準備

ステップ2 – ドライアイスマシンの位置付け

ステップ3 – スペースを換気する

ステップ4 – 液面レベルの確認

ステップ5 – ドライアイスマシンの電源を入れる

ステップ6 – マシンをテストする

ドライアイスマシンを使用して、部屋に煙の効果を作り出すことができます。フォグマシンは安全に使用することができますが、最良の結果を達成し、煙の領域の他の人に偶発的な怪我をさせないように、いくつかの予防措置を講じる必要があります。

ドライアイスマシンの設置場所を決めます。大量の換気が可能なスペースを使用してください。あなたの霧マシンを使用する予定のスペースから価値のあるアイテムをすべて削除してください。マシンは、スペースにあるものに落ちる軽いフィルムを作成します。隙間にある家具を取り除くか、プラスチックカバーや古いシートで覆います。潜在的に危険な物を宇宙からも取り除く。機械でつくられた煙は、見るのが難しくなります。誰かが偶然バンプや倒れから怪我をする可能性のある状況を防止したいと思うでしょう。

選択したスペースでドライアイスマシンの最高かつ安全な場所を特定します。ドライアイスマシンは時間の経過と共に熱くなります。火災の可能性がない場所に機械を設置してください。

ドライアイスマシンからの煙は、特にアレルギーや敏感感のある人にとっては、呼吸刺激物質となります。空間内の窓を開き、空間内の空気を最もよく換気して循環させるためにファンをオンにします。

プラグを差し込む前に、ドライアイスマシンの液面を確認してください。マシンの液体コンテナが満杯になっている必要があります。マシンの電源を入れたら、30分おきに水位を確認してください。リザーバーが低くなったら、それを補充してください。ドライアイスマシンを液体なしで操作すると、ポンプモーターが焼損することがあります。

あなたのドライアイスマシンに使用しているコンセントへの回路ブレーカが、必要なワット数をサポートできることを確認してください。サーキットブレーカに過負荷をかけないでください。延長コードを使用している場合は、どちらにも過負荷をかけないでください。延長コードに水、雪、氷がないことを確認してください。コードが部屋の足の邪魔にならないように配置します。必要に応じて、誰かが間違って乗ってしまうのを防ぐため、コードを床にテープで貼り付けます。

始める前に、ドライアイスマシンの製造元が提供する説明書をお読みください。電源を入れます。機械が正常に動作していることを確認し、煙感知器が鳴らないようにしてください。火災警報が鳴ったら、電池を取り外したり、電線を抜いて、誰にも警告することなく機械を操作してください。ドライアイスマシンの使用が終了したら、煙感知器の再接続に時間がかかることを確認してください。いつでも無人で放置しないでください。