トイレを解体する方法

ステップ1 – 給水を停止する

ステップ2 – トイレットタンクを取り外す

ステップ3 – ボウルを取り外す

トイレを解体することは難しくありません。トイレを全面的に改造したい、またはトイレをアップグレードしたいと思っている場合は、重力トイレ(タンクを持っているもの)を取り除くために以下の手順に従ってください。

あなたがトイレを再利用するつもりなら、あなたはまた、

ターンオフバルブは、トイレ、浴槽、または浴室のシンクの下に配置することができる。地元のターンオフバルブがない場合は、地下室からライザーまたは家全体の水を止めなければならない場合があります。

トイレを水洗いして水を切ることに成功したかどうかをテストします。ボウルが補充されない場合、あなたは成功した。プランジャーを使用してトラップを通してできるだけ多くの水を摂取してください。トイレを引き上げるときに最小限のこぼれることがあります。

ペンチまたは手で給水チューブをトイレタンクの底面から外します。

便器のタンクからふたを取り外し、脇に置きます。ラグやカップを使用して、タンクから残りの水を取り除いてください。水の層が底に残っている場合、あなたがそれらをunscewしている間、タンクボルトの下にバケツを置きます。

タンクをボウルに固定しているタンクのボルトを外します。これらは両側のタンクの下にあります。タンクボルトアセンブリは、通常、長いねじボルト、2つのラバーまたはフェルトワッシャ(タンクの内側に1つ、下に1つ)とウイングです。

非常に古く腐食されている場合は、ボルトボルトを通って切断するために弓形または金属製のグラインダを使用する必要があります。あなたがトイレを維持したい場合は、タンクに傷や亀裂がないように注意してください。タンクのボルトとワッシャーを捨てます。それらを再利用しようとするべきではありません。

タンクをボウルから引き離し、脇に置きます。

トイレを再使用する場合は、タンクとボウルの間のガスケットをこすり落とします。これは、タンクからの水がボウルに流れ込む口の周りに座っている柔らかいスポンジリングです。ガスケットの一部がボウルとタンクに張り付いている可能性がありますので、両方をこすります。

ペンチ、ハッソーまたは金属粉砕機を使用して、ボウルを床に固定するボルトを外します。ボウルをまっすぐに引き上げると、残りの水がトラップから床にこぼれることになります。

トイレを再使用する場合は、ボウルを裏返しにして、ワックスリングと取り付けられた漏斗を取り外します。パテナイフで、余分なワックスをトイレのボウルからこすり落とします。

フランジからアンカーボルトを取り外します。これは、トイレにボルトで固定された床の金属製またはプラスチック製のリングです。余分なワックスをフレンチから掻き取る。

トイレが解体された後、休憩または腐食の有無を調べる。また、床下に水害の兆候がないことを確認してください。どちらの状態でも、トイレの再取り付けや交換が可能になる前に、床に修理する必要があります。