スピードスクエアを使って角度を見つける方法

急斜面は、垂木や角の三角形とも呼ばれ、もともと大工が素早く正確に屋根の垂木を刻印できるようにするための、多目的なツールです。これはDIYerのツールボックスにとって非常に貴重な三角形の測定ツールです。

このマルチ測定ツールは、プラスチック、アルミニウム、またはスチール製で、分度器、試しスクエア、ルーラー、ラインスクライビングツール、共通幅ボードリッピングガイド、および90度と45度のカットを作成するためのガイドを組み合わせていますのこぎりで。 10ドル(プラスチック製品種)未満のために、それは測定、マーキング、および木材を迅速かつ正確にするために使用され、多くのプロジェクトをより迅速かつ容易にします。この便利なツールを適切に使用して角度を特定するには、以下の手順に従ってください。

スピードスクエアとは何ですか?

スピードスクエアは基本的に分度器として使用することができます。斜めのエッジに沿って度数の目盛りがあるため、角度をかなり簡単に読み取ることができます。正方形の角にピボットポイントがあります。速度の正方形は90度の角度であるため、対角線上の各線は合計90度の1度を表します。

ステップ1 – オリエント

ピボットポイントをボードに当て、ボードの端に希望の角度がくるまで四角を動かします。必要な角度は、実際に必要な角度の補完であることに注意することが重要です。たとえば、60度の角度が必要な場合は、30度のマークを見つける必要があります。これは、2つが90度まで加算されるため、相補的な角度です。正しい角度を見つけたら、正方形に沿って線を描きます。このマークを使用して、必要に応じてきれいな適切なカットを作成することができます。また、このツールにはルーラーエッジもありますので、ボードから適切な長さを切り取りながら、2つではなく1つのエッジで正しい角度を取得できます。

ステップ2 – 角度を見つける

前述のように、速度の四角で45度または90度のカットを作成することはさらに簡単です。角度をつけるだけでなく、より厚いプラスチック製の正方形は、丸い鋸が一緒に乗るための靴として役立ちます。これは、モーターがユーザの支配的な手と同じ側のブレードのような特定の状況でのみ可能であることに注意してください。

三角形の四角形についてもっと知りましたので、今後のプロジェクトでその使用方法を見つけることができます。そして、それは角度を見つけるだけでなく、多くの目的のために明らかに使用することができます。