サイドライトでフレンチドアのフレームを作る方法

サイドライト付きのフレンチドアのフレーミングは、単一のドアのフレーミングに似ていますが、いくつかのステップが追加されています。完成品が壮大になるので、サイドライト付きのフレンチドアのフレーミングには時間がかかります。下の記事では、あなたが自分で行うプロジェクトとして、サイドライトを使ってフレンチドアをフレームする方法について説明します。

測定テープを使用して、設置するフレンチドアとサイドライトの高さと幅を測定します。ドア・ジャム用に余分なスペースを取る必要があります(2ギャップの代わりに3ギャップ)。ドア・ジャムの厚さは通常1インチで、ジャムとフレームの間にはさらに1/4インチがあります。底部は1インチ、上部は2インチ、側面は1¼インチにします。

ステップ1 – 測定

ドアの開口部は、ドアが配置される壁のために家のフレームから切り取られる必要があります。ベースプレート上のフレンチドアの位置をマークします。大工の四角形と鉛筆を使って、ステップ1で測定したスペースをマークします。このエリアのフレーミング2×4をすべて切り取って取り外します。また、ベースプレートの梁をノックオフすることもできます。取り外し作業中にベースプレートが損傷しないように十分注意してください。露出した爪を取り除く。あなたはハンマーを使って釘の先端を打ち、それらを駆り立てることができます。

ステップ2 – スペースをカットする

サブフロアから既存の壁の天板までの距離の2倍のサイズにトリムします。ちょうどあなたがカットした部分を置き、それを釘付けにします。サイドライト付きのフレンチドアをフレーミングするときにもう一方の側で繰り返します。レベルを使用して、すべてが均等で水平であることを確認します。 2×4の別のセットで繰り返し、両側にダブルスタッドを形成します。

ステップ3 – サイド

ダブルスタッド間のスペースを測定し、その長さに2×4をカットします。それを底板に固定する。つま先をダブルスタッドに釘付けしてサポートを追加します。ヘッダーは、合板と2枚の2×6ボードから作成されます。ロジンで覆われた爪と一緒に2×6ボードを釘付け、2×6の2つの長さと幅に合板を切断し、それを上に釘付け。ヘッダーを上板まで上げ、所定の位置に釘付けます。

ステップ4 – ボトムおよびヘッダー

サイドライト付きのフレンチドアのフレーミングは試行錯誤が可能です。フレンチドアを所定の場所にスライドさせ、調整が必要なことを書き留めてから作成します。シムをベース、トップ、サイドに追加して、センタリングされていることを確認します。それが曲がっていないことを確認するために、レベルを使用してください。シムをトリムして、それらを所定の位置に釘付けます。

ステップ5 – インストール