エンジンバルブの固着の修正方法

エンジンバルブが詰まっていると、車両に大きな問題が発生し、エンジンが正常に動作しなくなります。問題を効果的に修正できるようにするためには、いくつかの手順が必要です。

必要な最初のステップは、エンジンが冷えているときに行われるべきエンジンバルブが固着している理由を知るためにエンジンを検査することです。これが起こりうるさまざまな理由があり、それを調べるだけでこれを認識することができます。可能な場合は、車両のマニュアルと併せてこれを実行して、バルブの外観を確認してください。原因は、故障したコンポーネントか、エンジンに使用されている破片やその他の物質の蓄積のいずれかになります。バルブが汚れているよりもむしろ欠陥がある場合は、バルブが曲がったり、位置がずれたりする可能性があります。場合によっては、腐食によってバルブが固着することがあります。

ステップ1 – 検査

エンジンに使用されているオイルが増えて硬化していると、エンジンバルブが詰まる可能性があります。この場合、多くのハードウェア・ストアから入手可能な溶媒を使用して、それを掃除することができます。バルブや周囲の部品に溶剤などの洗浄液を塗布して、ゴミを取り除くことができるようにします。このプロセスを効果的に完了させるには、ファスナーのいくつかを最初に緩める必要があります。

ステップ2 – クリーニング

エンジンバルブを固定するために使用されるコンポーネントが緩んだり破損したりした場合は、これらを修理するために何らかの作業が必要になります。対処しているファスナーに応じて、これを行うには1対のペンチまたはレンチで十分です。バルブの開閉機構を制御するスプリングやアームが緩んで緩むことがあり、修理が必要になることがあります。いずれかが壊れている場合は、交換する必要があります。

ステップ3 – 修理

重大な問題になると、バルブが取り付けられているシリンダーを取り外す必要があることが分かります。これにより、それに影響を与える問題を修正することが容易になります。腐食を修正するために必要な作業に加えて、欠陥のある部品を交換することができます。関連する留め具を取り外した後、シリンダーを持ち上げて外します。交換部品が正しい仕様であることを確認してください。

ステップ4 – 交換

エンジンのオイルを正しいレベルに上げておくことは、エンジンバルブの固着を防ぐのに役立ちます。必要に応じて定期的にオイルを交換する必要があります。スティッキングバルブの問題は、エンジンが高温になり過ぎることで最も頻繁に発生するため、サーモスタットが適切に作動し、水位が十分であることを保証することが賢明です。

ステップ5 – 予防